冬は体の中からも水分補給を

冬のスキンケアというと、乾燥対策、基礎化粧品をオイリー化する人もいるのでは。
しかし割と簡単な落とし穴があります。

基礎化粧品の充実も大事なんですが、冬の乾燥原因は、ほぼ暖房類です。
1日部屋にいた場合、猛暑と暖房器具の中とどちらが喉が渇きやすいかというと、意外に暖房の方だったりするのです。
つまりお肌の乾燥以前に、脱水の危険すらあるということですね。

この点を踏まえ、水分摂取を心がけるようお勧めします。
体内部の水分が足りなければ、肌に足りないのも当たり前、また肌の水分は、新陳代謝の役割も果たします。
ただでさえ、血行不良で肌のターンオーバーが遅くなりがちな冬、水がなければ、更に滞ります。滞った肌の水分吸収力が落ちるのは当たり前、こうしてカラカラの肌になっていくのです。

つまり、まず水分を中から補給すること、そして血行促進を促すことが冬の乾燥対策の2大テーマ、この2点がうまく回れば、皮膚の古い部分はうまく落ちます。
血行促進は、漢方薬や燃焼系サプリの力を借りるのも良いです。
そして、普通にお肌の手入れをして、リズムを狂わさなければそれでOK,ただし体の中から乾いていくほど、暖房は乾燥するものなので、肌にフィルター効果を作るアイテムの方がベストです。
薄くオイルを伸ばすというのが手っ取り早くていいですね。
ベビーオイルなどは、髪の乾燥にも使えます。
薄く伸ばしてもいいですし、リンスに混ぜるのも良いですね。地肌につかないよう注意してください。
[PR]

by stjrfjs | 2013-11-03 12:54
line

乾燥肌も敏感肌もほぼ一緒やと思うんですよね


by stjrfjs
line